【バスキュラーアクセス(VA)について】
 バスキュラーアクセスは血液透析患者様にとって命綱です。その命綱であるバスキュラーアクセスをメンテナンスしていくことは、円滑な血液透析を行う上で大変重要です。当院ではバスキュラーアクセス造設・治療において、原則日帰り治療を行っております。場合により、無料送迎も実施しております。
また、治療後はバスキュラーアクセスの定期的なフォローアップを行っております。
【バスキュラーアクセス(VA)検査・治療の流れ】
【バスキュラーアクセス(VA)治療】
・経皮的血管形成術(PTA:バルーン治療)
内シャント狭窄、閉塞に対し治療を行っております。また、深部静脈 狭窄症に対しても積極的にバルーン治療(PTA)を施行しております。 バルーン治療(PTA)にて対応困難な例に関してはシャントの再建を お勧めしており、患者様に最適と思われる治療方針を検討いたします。 また、当院でのPTAは鎮痛剤の投与下にて行いますので、痛みが少なく 行えるのが特徴です。
・バスキュラーアクセス(VA)手術
シャント造設術、動脈表在化術、人工血管移植術やシャント狭窄、閉塞 をはじめとする様々なシャント合併症に対し、治療を行っております。
【バスキュラーアクセス(VA)治療成績】
・経皮的血管形成術(PTA:バルーン治療)
・バスキュラーアクセス(VA)手術
・VA手術件数(種類別)

 

 

Copyright (C) KEIAI HOSPITAL All Rights Reserved.