医療法人社団 博鳳会 敬愛病院|人工透析

人工透析

人工透析とは

 何らかの原因で腎臓の働きが悪くなり体内の老廃物や水分が排出できなくなった状態を腎不全といいます。
 人工透析とは人工腎臓と呼ばれる膜と透析液を用いて腎臓の機能の一部を代行して血液をきれいにする療法です。

透析室のご案内

ご挨拶

当院は47床の透析室と2床の病棟透析を有しております。
医師、看護師、臨床工学技士がそれぞれの専門性を活かして個々の患者様に合わせた治療を目指しております。また薬剤師、管理栄養士、医療相談員の専門スタッフも透析室に積極的に係っており、チーム医療を行っております。

透析液清浄化対策

学会ガイドラインの基準に基づきエンドトキシン測定並びに生菌検査を定期的に実施し透析液の清浄化対策に取り組んでいます。

透析装置

透析液供給装置から透析装置まで一括管理できる透析管理システムを導入し安全管理に努めております。

フットケア

透析患者様は動脈硬化や糖尿病が原因で足の血の巡りが悪い方が多く、小さな傷や感染などが足だけでなく体全体に影響を及ぼすことがあります。当院では、定期的に患者さん全員のフットチェックを行っており足病変の早期発見・早期治療に取り組んでおります。

定期検査

透析室では患者様に合った治療と合併症予防のために種々の検査を行っています。

  血液検査        月2回       頭胸腹部CT   1年に1回
  胸部レントゲン     月1回       心エコー     1年に1回
  心電図      3ヶ月に1回       骨塩定量     半年に1回
  シャントエコー   半年に1回       ABI      1年に1回
 


概要

■ベッド数     透析室47床 病棟透析2床(スケールベッド17床)
■透析スケジュール 月~土 午前9:00~  午後14:30~
■透析装置     49台(個人機2台 I-HDF対応機9台 オフラインHDF対応機7台あり)
■治療内容     血液透析、血液透析濾過(オフラインHDF、I-HDF)
          血液濾過腹水濾過濃縮再静注法
■設備          全ベッドテレビ完備(有料)、個人ロッカー


送迎サービス

当院では希望される方に、送迎会社による、無料の車での送迎を行っております。ご希望の方はスタッフまでお申し出下さい。また、数名でのご利用となりますので、個人での対応は出来ません。同乗する患者さんの状況、天候、交通事情により、出発時間が前後する事もあり、また、体調によってはご利用を休止していただく場合もございます。予めご了承下さい。

食事提供

実際に透析施設で使われているメニューを研究し、透析患者の皆様に最適なお料理をお弁当としてお届けしております。
透析食のお弁当といってもおいしさは欠かせません。配送車には温蔵庫、冷蔵庫を備えてお届けしているので、透析患者の皆さまには一番おいしい温度で召し上がっていただくことが出来ます。
ご希望の方はスタッフまでお申し出下さい。                   ※有料サービス

臨時透析のご案内

旅行や帰省にて当院での透析を希望される患者様は、お気軽にご相談ください。随時対応させていただきます。
TEL:03-3973-3819(透析室直通)

透析担当医表

午前 樋口輝美
(病院長)
秋谷友里恵 樋口輝美
(病院長)
樋口輝美
(病院長)
大川恵里奈 竹内悠人
(1・3・5)
山﨑俊男 秋谷友里恵 馬塲晴志郎 井下篤司 大野迪子 脇野修
(2・4)
午後 井下篤司 井下篤司 樋口輝美
(病院長)
樋口輝美
(病院長)
大野迪子 村田悠輔
----
秋谷友里恵 馬塲晴志郎 鈴木紘子 ---- ----

( )は担当週

2020.4.1更新

医療法人社団 博鳳会
敬愛病院

敬愛病院

受付時間

午前   8:30~11:30
午後 13:30~16:30
※土曜日は午前のみ

診療時間

午前   9:00~12:00
午後 14:00~17:00
※土曜日は午前(9:00~12:00)のみ

お問い合わせ

アクセス